• ホーム
  • プリリジーを扱う病院情報

プリリジーを扱う病院情報

2019年07月07日
薬と瓶を持っている人

プリリジーを扱う病院は基本的にはEDの治療を行っているクリニックや泌尿器科などですが、早漏が精神的なストレスによるものの場合は心療内科などのクリニックでもプリリジーを処方してもらうことができます。
SSRIの薬なので精神科に受診していると他のタイプのSSRIの薬が処方されることがありますが、これらの薬にもプリリジーと同様に射精障害の副作用があるので、同じように利用することができます。
1錠あたりの価格を考慮するとジェネリック医薬品のほうが安いので、インターネットで購入する人も増えています。
医療機関で処方される場合には確実に本物のプリリジーを手に入れることができますが、個人輸入の場合は有効成分が含まれていない場合もあるので、口コミなどを参考にして信頼できる業者を選ばなければなりません。
インドなどのジェネリック医薬品は品質が悪いとされていますが、実際には衛生的な工場で作られている薬も多いので、インド産が全て粗悪品であるというのは間違いです。
プリリジーは早漏の治療薬として扱われることもありますが、実際には射精を遅らせたい人に服用されていて、勃起治療薬と併用することで、長時間のセックスをすることができるので、世界的に人気になっています。
日本では医薬品は医療機関の処方箋が必要なのですが、個人輸入に限って購入が可能なので、インターネットでは様々な商品を購入することができます。
プリリジーと同じタイプのジェネリック医薬品も販売されていますが、価格が3割程度安いので多くの人が購入を指定ます。
早漏の患者の場合でも保険が適用されないので薬代がかなり高くなるので、検査などを医療機関で受けて、その後は個人輸入で薬を手に入れる人も増えています。