• ホーム
  • プリリジーの副作用と注意事項まとめ

プリリジーの副作用と注意事項まとめ

2019年07月22日
けんかする夫婦

早漏防止の治療薬として人気のプリリジーを利用する場合には、薬である以上は副作用や使用の際の注意事項はいくつかあり、それらを理解した上で使用する事が重要です。
副作用について述べると、それほど副作用が現れる可能性が高いという訳では無く、1%から10%未満程度と言われています。
どのような症状が現れるのかというと、頭痛、めまい、下痢、吐き気、睡眠障害、起立性低血圧などが起きる場合があります。
副作用が起きる可能性はそれほど高くは無く、起きたとしても比較的症状は軽い場合が多いのですが、万が一重い症状が現れた場合には服用を中止して医師に相談するようにした方が良いです。
また、ED治療薬との併用は問題ないと言われていますが、アルコールとの併用は禁忌とされているので性行為をする前にアルコールを摂取する人もいますが、プリリジーを服用する際にはアルコールと併用しないように注意が必要です。
その他には肝臓や心臓に疾患がある人の場合や起立性低血圧などで失神した事がある人は、プリリジーは服用する事は出来ないです。
いくつか併用禁忌薬もあり、特定の成分を含む抗うつ剤や鎮痛剤、抗生物質は併用禁忌とされています。
もし、これらの薬を利用している場合には、自分が用いている薬と併用しても問題が無いのか事前にきちんと調べた方が良いです。
プリリジーの副作用や注意点について簡単に紹介しましたが、病院で処方して貰う場合には事前に医師の診断があるのである程度安心できますが、個人輸入で独自判断で薬を購入する場合には自己責任となるので、きちんと自分がプリリジーを使用しても問題が無いか、どのような副作用が現れる事があるのかを理解した上で服用するようにする事は大事です。