• ホーム
  • プリリジーと中央クリニックの不妊治療

プリリジーと中央クリニックの不妊治療

2019年08月06日
泣いている男性

中央クリニックでは高度な不妊治療をしているので、男性が原因で妊娠できない場合にはセックスが正常にできるように、適切な治療ができる規模の病院なので、パートナーとのセックスが上手く行かずに妊娠ができない場合には二人で中央クリニックを受診して医師の指導によって不妊治療を続けると妊娠できる確率を上げることができます。
中央クリニックは不妊症を専門としている病院なので、高度な検査ができるのですが、セックスができない場合には精子を採取して人工授精などをすることも可能です。
プリリジーは早漏に効果的な薬ですが、脳内のセロトニンが減少しないようにする作用があるので、不安な気持ちや緊張をほぐす効果があります。
脳内のセロトニンの減少を抑えるSSRIには共通の副作用として射精障害がありますが、この薬を服用している患者たちの多くが射精が遅くなりました。
プリリジーはこの副作用を利用して早漏治療をする薬で、2倍から3倍程度時間が長くなるので、早漏の人の射精時間が正常になります。
またプリリジーは健康な男性が服用する場合もあるのですが、この場合には勃起状態を維持するためにバイアグラなどの勃起治療薬を同時に服用します。
同時に服用する方法は世界中で行われているので、決して珍しいものではありませんが、どちらも1錠あたり2000円程度するので、かなりの費用がかかります。
SSRIの薬は興奮を抑えるので普段よりも強い刺激を長時間受けなければ射精ができないので、体力的にかなり厳しいセックスになるので、パートナーの協力が不可欠になります。
健康な男性がED治療薬を服用するのは一般的に見ることができますが、自然なセックスをするためには薬に頼ることは良くありません。